充実した施設や交通基盤:

物流・流通・商業などの施設の「ワンストップソリューション」の後方支援

国際規模の戦略的な立地にあります。

  • マドゥラ海峡入口に位置するJIIPEは、スラバヤ都市圏の中で水深が一番深い港です。
  • マドゥラ島は、JIIPEに対してジャワ海の大きな波から守る自然な防波堤です。

工業団地+深海港湾+ビジネス・レジャー・シティーいずれも充実した統合型の地帯です。
(エネルギー提供で物流コストを削減)

  • 物資の運搬が更に効率化
  • 汚染や公害を防ぐためだけではなく、施設横断の交通の利便性を高めるためにテナントを相応しい産業集積に位置します。
  • 桟橋から各企業まで配管を設置することにより、パーム油(CPO)のようなリキッドバルクや薬液の高速交通物流ネットワークを作ります。

物流や旅行のニーズに簡単にアクセス

  • 海路・陸路いずれの交通基盤も充実しており、原材料や製品の物流を支えます。国内外の物資の運搬が可能な深海港湾施設を充実し、ジャワ島の主要都市への運送時間を抑える為に、JIIPEの出入り口を高速道路で結び、物流センターを最寄駅まで鉄道で結びます。

競争力のあるエネルギーの提供:

事業活動を効率化にするために独立したエネルギー作りを工夫します。
発電所

環境に優しくガス・石炭コンバインドサイクル発電システムが採用されます。

電力

  • フィンランドのWartsilaの燃料電池複合発電システムを採用して7.65 MWx3の第1期の発電所が稼働しています。Block Eという第1期の多目的エリアに位置します。

ガス

  • 第1期の工事は、国家ガス会社(PGN)の母管からダエンデルス通りまでは24”のガス管、その道路から工業団地のガスステーションまでは16”のガス管、工業団地の母管からBlock Eまでは6”のガス管、という流通系が使用されます。
給水

工業用水に最高の設備システムとサービスを提供し、テナントの運用の信頼性を向上させ、生産コストを削減し、環境適合性を支えます。

  • PHASE 1 – 貯水槽の容量1,000 m3。 .
  • 配管式で水を供給。
排水処理施設

排水処理施設

  • PHASE 1 – 一日の廃水収集の流量2,500m3。
  • 排水は地下の閉鎖的な配管で収集されます。

効率的且つ簡単な手続き:

JIIPEからはじめよう。
原則的には1,000億ルピア(約8億円)以上の投資、或いは1000人以上の雇用が適用条件です。
  • 投資調整庁(BKPM)のワンストップ統合サービス(PTSP)により3時間で事業ライセンスが与えられます。申請する時に、当庁に直接お越しください。
  • – BKPM職員に投資に就いて相談します。
  • 待 – 相談が終わった後、職員は全ての手続きを実施し、投資家はロビーでお待ちして頂きます。
  • – 3時間後8種類のライセンスと土地予約書が付与されます。
地方政府・自治体が担当する各種許認可を部分的にPTSP・中央に連結させる方策として直接建設許可(KLIK)制度を開始。PTSPの原則許可或いは3時間ライセンスを取得していれば、地方政府による建設許可を待たずに建設開始が可能となっています。
  • – 工業団地を検討して選びます。
  • – 産業用地を取得します。
  • – プロジェクトの工事を開始します。工事するのに他の許認可が必要ありません。
  • –  建設許可と環境影響許可を申請すると同時に、建設工事を開始することができます。
There is also a bonded zone for each of below industries
  • Bonded Zone for Productions
  • Bonded Warehouse
  • Bonded Logistic Centre