海上輸送、陸上輸送などの多様なアクセス(将来的には鉄道輸送)

充実した施設や交通アクセス

物流・流通・商業などにサプライチェーン対するサポート体制

国際規模の戦略的な立地

  • マドゥラ海峡入口に位置するJIIPE港は、東ジャワで水深が一番深い港です。
  • ジャワ海方面で津波が発生した場合、マドゥラ島は天然の防波堤として大きな役割を担っています。

工業団地エリア+港湾施設エリア+商業・住宅エリア

  • 物流の更なる多様化と簡略化
  • 区画整備は工業団地内の大気汚染や水質汚染を未然に防ぐだけではなく、工業団地内の交通アクセスの利便性にも寄与
  • 桟橋からパイプラックを利用して各工場まで配管を敷設することにより、石油化学製品や薬液を直接船舶から荷下ろしが可能。

物流の多様性

  • 海上輸送・陸上輸送いずれの交通アクセスも充実、原材料や製品の物流を支えます。 国内外の物資の運搬が可能な港湾施設を完備し、ジャワ島の主要都市への貨物の運搬時間短縮のため、JIIPE工業団地と高速道路を直結、将来的には鉄道網も整備する予定です。